スポンサーリンク

cardman

近年、現金による買い物よりクレジットカードでの買い物の割合が増えてきています。
なかには、クレジットカードによる決済だけしかできないところもある場合があります。
しかし、クレジットカードの審査が難しい方もいると思います。
ですが、ネット専用のプリペイドカードがあることはご存知でしょうか。

実は私も最近ネット専用のプリペイドカード「Vプリカ」を利用する比重がどんどん増えてまして・・・
今回は、この「Vプリカ」の魅力についてお伝えしたいと思います。

Vプリカとは

まず、Vプリカとはインターネット専用のVisaプリペイドカードとなっています。
なので、ネットのVisa加盟店であればクレジットカードのように支払うことができるのです
プリペイドカードであってクレジットカードではないため、インターネットでの決済をかなり安全に利用することができます。
しかも、クレジットカードと違って、事前に購入した金額内でしか利用することができないのも特徴です。
ちなみにこのVプリカは日本国内在住の18歳以上であれば審査なしで利用することができるのもメリットですね。
クレジットカードの審査が難しい方などにおすすめです。
私は信頼性が微妙なショップや海外のオンラインショップでの買い物に利用することが多いですね。
そしてリアルのプラスチックカードも原則として発行されていないのも特徴ですね。

年会費無料

気になる年会費ですが、このVプリカは年会費が無料となっています。
ただし、「休眠カード維持費」というものが発生してくる場合があります。
この休眠カード維持費がなにかと言いますと、Vプリカの未使用期間が3か月を超えた場合、支払うことになります
この支払う金額ですが、毎月25日にVプリカの残高から125円引き落とされるようになっているのです。
しかし、あくまで3か月未使用ですと発生してしまいます。
経過しそうと思ったら一度でも利用すると良いと思います。
また、残高を超えての引き落としはされない仕組みにもなっています。
例えば、残高が100円の場合でもし休眠カード維持費が発生したら、この100円が引き落とされるだけで残りの25円を再度請求されることはないので安心できる部分ではありますね。
ですが、休眠カード維持費を支払うのももったいないと思います。
なので、できるだけ発生しないように気を付けていきましょう。

安全に利用したいときのために

Vプリカはクレジットカード情報とはまた別物であるため、万が一流出してしまってもクレジットカードの番号を知られるということがありません
また、Vプリカは再発行したら、番号も変わります。
番号が変わるため、以前流出してしまったカード番号は無効になります。
なので使われるかもといった不安もなくなりますね。
こういった理由でも、安全性が保証できないようなサイトでのショッピングにも便利です。
またアカウントの開設を行うことで「セキュリティロック機能」も使うことができるのです。
Vプリカを使わない期間などはこのセキュリティロック機能で使えなくしておけば不正使用を防ぐことができるので安心ですね。

最後に

ちなみにVプリカは本名で登録する必要がないのです。
また最大で10枚まで所持することができます。
なので使用用途によってあらかじめそれぞれのVプリカに使用上限だけの金額だけを入れて、使いすぎるのを防止することができます。
うまく利用してクレジットカードとはまた違った使いかたで活かしていきましょう。
みなさんの参考になれば幸いです。

お申込みボタン1

Vプリカ

http://vpc.lifecard.co.jp/


スポンサーリンク

商品一覧

メットライフ生命で就職をしよう!

皆さんメットライフ生命ってご存知でしょうか? 私は学生時代、保険会社で就職することを検討しており、その際メットライフ生命について詳しく知りました。 メットライフ生命日本の生命保険会社で、アメリカの生命保険会社です。 日本 […]

出光カードを便利に利用しよう!

皆さん出光カードってご存知ですか? 自動車に乗る機会がある方は、出光スタンドで給油の際、出光カードの案内など見たことあるのではないでしょうか? 私は週末はよくドライブをするのですが、近所に出光があるため、出光カードを利用 […]

OCNを利用しよう!

皆さんOCNってご存知ですか? 私は光回線をどこにしようか迷っている時にOCNの存在を知りました。 OCNは、NTTコミュニケーションズが運営している、日本最大規模のインターネットサービスプロバイダ事業の名称となっていま […]

JAバンクをもっと利用しよう!

  皆さんJAバンクはご存知でしょうか? CMなどでも見かけたことがある方も多いかと思います。 JAバンクは、日本において、農業協同組合、信用農業協同組合連合会の信用事業と農林中央金庫の対応する事業によって構成 […]

商品詳細