スポンサーリンク

eiken

英検って知らない人はいないですよね。

漢検や数検以上に馴染みがある言葉で学生時代にポスターもよく貼られていましたよね。

英語の能力を測るひとつの資格ということで漢検と同じくらい受験者が多い検定のひとつです。

受験にも役立つということで、学生時代に受けたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

私も中学生の頃から高校生くらいまでは随分と受検したものです。

今回は英検についてお伝えしていきますね。

英検 日程

英検の正式名称は「実用英語技能検定」といい、公益財団法人日本英語検定協会が行なっています。

英検は年に3回ほど行われていて、2017年は6月、11月、1月に決定しています

一次試験と二次試験があり、二次試験は本会場で行われますが、一次試験は準会場や各学校でも行われます。

二次試験があるのは3級以上なので、4級以下で学生の場合は学校で受けたことしかないという方もいるかもしれません。

私はよく部活と日程が被っていたので、午前中に試験を受けて午後から部活なんてこともしていました。

成績に響くわけではないと思っていたので、あまり勉強せずに一夜漬けで取り組んでいたことが懐かしいですね。

日程は自分で好きなときに受ければいいですが、何度でも受けられるので、もし失敗しても次にまた申し込むなんてことも当たり前にしていましたね~

とはいえ、無料ではありませんから、あまりお金を使いたくないというのであれば後半の日程に申し込んで、前半にたくさん勉強しておくのがいいと思います。

ただ、その分チャンスは少なくなるので、どうしても英検の資格がほしいのなら全部申し込んでおいたほうがいいとは思いますけどね。

正直、漢検よりも英検のほうが持っていて便利だとは思いますよ。

英検の過去問は?

英検の過去問は本屋にさくさん売られているので、購入して勉強することができます。

私の場合は図書室に過去問が置いてあったので、それで勉強していましたが、借りた本には書き込みができないので、購入してたくさん書き込んだほうが覚えやすいとは思いますね~

英検のサイトにも過去3回分の問題が各級で公開されているので、それで勉強することもできます。

過去の問題から試験範囲の傾向なんかも大体わかるので過去問は一度は解いておいたほうがいいですね

試験当日は例え会場が通い慣れた学校であっても緊張します。

なので、できるだけ静かな環境で、時計を用意して試験会場と同じような雰囲気を作って解く練習はしておくと良いと思いますよ。

私もそれでだいぶ緊張せずに、勉強した結果を出すことができました。

一番もったいないのはケアレスミスです。

これは緊張だったり、焦りだったり、時間配分のミスで起きやすくなります。

時間の感覚が掴めれば見直しの時間も計算できるので、スペルのミスだったり、回答欄のズレなんかも気づくことができますよ。

ぜひ、試験環境と同じようにして勉強するというのも真似してみてくださいね。

英検の結果はいつ分かる?

英検の結果は大体試験から2週間程度で分かります

通知が来るのは先ですが、結果さえ分かれば安心して待つことができますよね。

合格通知は学生の場合には担任から配布されます。

名前を呼ばれて合格証書を受け取った時は嬉しかったですね。

英検は問題を回収されてしまうから自分で答え合わせができなかったので、最近になってサイト上で合否の確認ができることを知ってびっくりしました。

最後に

英検を持っていると大学や高校の受験で学科試験を免除されたり、学費免除になる場合があるんですよね。
それだけ、英語ができるということが今は求められている時代なんですね。
英語ができれば将来役立ちますし、受験にも有利なら受けない手はありませんよね。
ぜひ今のうちから勉強したり、お子さんに教えて、今後の生活に役立ててくださいね。

 

お申込みボタン1

英検

http://www.eiken.or.jp/eiken/


スポンサーリンク

商品一覧

メットライフ生命で就職をしよう!

皆さんメットライフ生命ってご存知でしょうか? 私は学生時代、保険会社で就職することを検討しており、その際メットライフ生命について詳しく知りました。 メットライフ生命日本の生命保険会社で、アメリカの生命保険会社です。 日本 […]

出光カードを便利に利用しよう!

皆さん出光カードってご存知ですか? 自動車に乗る機会がある方は、出光スタンドで給油の際、出光カードの案内など見たことあるのではないでしょうか? 私は週末はよくドライブをするのですが、近所に出光があるため、出光カードを利用 […]

OCNを利用しよう!

皆さんOCNってご存知ですか? 私は光回線をどこにしようか迷っている時にOCNの存在を知りました。 OCNは、NTTコミュニケーションズが運営している、日本最大規模のインターネットサービスプロバイダ事業の名称となっていま […]

JAバンクをもっと利用しよう!

  皆さんJAバンクはご存知でしょうか? CMなどでも見かけたことがある方も多いかと思います。 JAバンクは、日本において、農業協同組合、信用農業協同組合連合会の信用事業と農林中央金庫の対応する事業によって構成 […]

商品詳細